【レビュー】3DS並みの軽さ『Nintendo Switch Lite』開封レポ

Switch Lite

 

こんにちは!本日2019年9月20日に発売された〝Nintendo Switch Lite〟のレビューをしていきたいと思います。

発表された時は買うか悩みましたが、ポケモン勢の僕としては、Switch Liteは買って正解でした!

値段は希望小売り価格:19,980円+税です。据え置きSwitchから1万円安くなりましたね!

据え置きSwitchとの違いはざっくり言うと、コントローラーと本体が一体化することで、一回り小さくなり、軽くなって持ち運びが楽になりました。

あと、携帯モード以外は使えないので、余分な物を削ることで、価格が下がったようです。

僕はAmazonで予約して、色はターコイズを選びました。

ぶっちゃけ、イエロー、グレー、ターコイズの3色で結構悩んだ人もいるのでは?笑

僕は予約開始の日、ギリギリまで悩んでいました笑

最初はこの色しかないの?って思っていましたが、結果的にターコイズを買って良かったです。

それでは、Switch Liteの紹介をしていきます!

Switch Liteの開封

Switch Liteの箱

では、箱を開けていきます!

やっぱり、開封の時が1番テンションが上がりますね笑

中身はこんな感じです。

Switch Liteの箱の中身

Switch Liteの箱の中身

めっちゃシンプルw

分かっていましたが、据え置きSwitchの時と比べて、無駄な物を全部無くしたって感じですね。

中身は本体と充電器だけ入っています。

Switch Liteと充電器

Switch Liteと充電器

始めの印象は据え置きSwitchと比べると、一回り小さいですね。

画面は小さいのかと思いきや、思っていたより気になりませんでした。

画面サイズは、過去に発売されたニンテンドー3DS LL(上画面が4.88インチ)と比べても大きいので、十分だと思いました。

あと、知ってる人も多いと思いますが、十字キーが復活しました!懐かしいですよね。

ただ、アナログスティックの下にあるので、位置的にモンハン持ちは出来なさそうですが笑

それと、気づいている人は少ないかもですが、写真を撮る前に、うっかり傷をつけないように、先にガラスフィルムを貼っちゃいました。

ついでにケースも買ったので、ガラスフィルムと合わせて後で紹介しますね。

Switch Liteの紹介

最初は先ほど写真で見えなかった部分を見ていきましょう。

Switch Liteの上部

据え置きSwitchはスピーカーが画面の下にありましたが、Switch Liteではキャプチャーボタンとホームボタンの下辺りに移動していますね。

Switch Lite下部

それと、持ってみた最初に思ったのはとにかく軽い!!

据え置きSwitchで携帯モードを使っていた身としては、感動しました。

ちなみに、Switch Liteの重さは約275gだそうです。

据え置きSwitchより軽いのは分かりますが、ピンと来ませんよね。

ここで過去に発売された任天堂のゲーム機と比べてみましょう。

New 3DS 約253g
Switch Lite 約275g
New 3DS LL 約329g

3DS LLより軽くなり、3DS寄りの軽さになりましたね。

特に片手で持つと軽さを実感できます。

バッテリーの持続時間は3.0〜7.0時間なので、相変わらずという感じですね。

ただ、初期型の据え置きSwitchよりは30分だけ伸びているようです。

Switch Liteの裏

特に触れるところが無いくらいシンプルですね。

据え置きSwitchと比べると、スタンドが無くなっているくらいでしょうか。

では、電源を入れてみますね!

Switch Liteポケモン剣盾プレイしてるイメージ

Switchを持っている人は知っていると思いますが、起動する時にカチッとスイッチする画面が出ますよね。

正直、スイッチが出来ないのに、この画面は草生えますw

特にやるゲームが無かったので、ポケモン剣盾の動画を見てみましょう。

Switch Liteポケモン剣盾プレイしてるイメージ

Switch Liteポケモン剣盾プレイしてるイメージ

これで何となくイメージが出来ますね笑

こうして見ると、画面のサイズは丁度良いですよね。

Switch Liteポケモン剣盾プレイしてるイメージ

あと、画面にフィルムを貼った後なので、少し黄ばんで見えるかもしれませんが、据え置きSwitchと変わらず、画面は綺麗です。

画面の明るさや内臓スピーカーも問題ないですね。

十字キーを含めた各ボタンも、押しやすくなっていると思いました。

ケースとフィルムの紹介

では、一緒に買ったキャリングケースと、画面の保護フィルムを紹介します。

Switch Liteのケース

Switch Liteのケース

入れるとこんな感じです。

ケースに入れたSwitch Lite

閉める時に少しだけキツかったですが、周りを手でほぐしたら、綺麗に入りました。

あと、質感と色が包帯みたいな感じでした笑

ただ、少しパツパツのような気もするので、スムーズに出し入れがしたい人は、他のケースの方が良いかもしれませんね。

他にもケースの候補があったのですが、発売日が先なので、諦めました。

それと、フィルムはこれを買いました。

Switch Liteのフィルム

強化保護ガラスなので、安心ですね。

ブルーライトカットが出来るので、明るい所に置くと、少し黄ばんで見えるので、見た目が少し気になるかもです。

実際に貼ってみた感想は、とても簡単でした。

ただ、僕のやり方が悪かったのか、真ん中に空気が入ってしまいましたが、クロスで空気を外に逃がしたら、上の写真のように綺麗に貼れました。

あと、このフィルムは2枚入りなので、失敗したり、納得がいかなかった場合のことを考えると安心ですね。

まとめ

Switch Liteポケモン剣盾プレイしてるイメージ

Switch Liteのレビューは以上になります。

僕は携帯モードでしか遊ばないので、待ってました!という感じなのですが、皆さんはどうでしょうか。

そもそも、出来れば最初から出してほしかったですけどねw

ちなみに、僕はポケモン剣盾に向けて購入したのですが、ポケモン剣盾をSwitch Liteでやるか迷っている人は多いんですかね。

Switch Liteの方が、従来の感覚でポケモンが出来るのでオススメですよ!

今はSwitch Liteでポケモン剣盾の動画を見たり、Let’s GO!ピカチュウでもやりながら待ちます笑

来年にはどうぶつの森も発売する予定なので、重宝しそうです!

あと、僕は任天堂のゲームはポケモンをメインにやるので、ぶっちゃけ、Switch Liteで十分だと思いました。

お金に余裕がある人は、据え置きSwitchとSwitch Liteどっちも買って、使い分けるのも良いと思います。

逆に携帯モードでしか遊ばない場合は、Switch Liteの方を買った方がコスパも良いですし、メリットは多いです。

もし、据え置き型のSwitchを持っている人で、テレビモードを利用しないようであれば、Switch Liteに買い換えるのもアリですね!

ちなみに、2019年11月1日にはポケモン剣盾に登場する、〝ザシアン〟と〝ザマゼンタ〟がデザインされた特別版「Nintendo Switch Lite ザシアン・ザマゼンタ」も発売されます。

ポケモン勢はこちらの方が、良いかもしれませんね。僕は剣盾、どっちも買うので、2代目にこちらも買うかもです。

ポケモン剣盾に向けてSwitchを買う人は、ぜひSwitch Liteも視野に入れてみて下さい!